2007年2月アーカイブ

ナノテクリスク勉強会(2007年2月11日)

■今回のテーマ:今後の活動内容について

◆各人のアイディア
【白石】
・一般市民だけでなく、企業や研究者などへの調査を行い、両者のギャップを探る。
 企業では、広報担当者にナノテクに関する考え方などを伺う。(例:ナノテクを
 謳っていない化粧品メーカーのナノテクに関する考え方)
【吉澤】
(配布資料)
【上田】
・ナノテクをテーマにしたサイエンスカフェはまだない。一般の人を対象に何回か
 行ってみれば、何か見えてくるかもしれない。
・学校および社会人教育の現場でナノテクがどのように扱われているか。例えば、
 教員、インタープリター、学芸員などがナノテクをどう考えているか。教科書、
 新聞・科学雑誌などのメディア、科学館などはどう扱っているか。
・代表的技術の中からを具体例を10個選び、一般の人に実現可能かどうか聞いてみる。
 その結果を研究者に見せ、ギャップを探る。また、最善/最悪のシナリオを作り、
 どれに共感するか聞いてみる。
・市民に知っておいて欲しい知識は何かをはっきりさせる。

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。