アースディ2008出展企画  「科学で迫る食育・地球環境」

「科学で迫る食育・地球環境」

エコロジーの根っこに科学がある! 
食育に役立つ味覚実験や顕微鏡観察、
地球の大気循環を理解するミニモデルの組み立てなど、
いろいろな科学プログラムを体験してみませんか。

●開催日 4月19日(土)および20日(日)
●会場 代々木公園メイン会場

●企画内容

伝統的な和食の基本をなす、発酵やダシや穀物について、その特長を科学的にとらえる種々の実験メニュー(顕微鏡観察を含む)やクイズを用意し、市民科学研究室のスタッフが展示パネルやパンフレットを使って来場者とともに、簡単な実験や問答を行います。私たちがここ3年ほどかけて実施してきた『子ども料理科学教室』のプロモーションビデオ(約5分)も常時上映します。(1)日常生活の中から科学を学び、エコロジカルな生活を創るためにそれを生かしていくことの大切さを感じてもらうこと、(2)エコロジーの基本にかかわる、地球の大気循環やエネルギーの流れを視覚的に理解するための模型を展示し、温暖化をはじめとする地球環境問題への科学的アプローチへの関心を抱いてもらうこと、が今回の企画の目標です。

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2008年2月27日 17:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電磁波の健康影響を考えるシンポジウム」です。

次のブログ記事は「食の総合科学プロジェクト 勉強会報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。