2008年8月アーカイブ

経済産業省原子力安全・保安院電力安全課 御中

前略

8月6日付『電気新聞』の記事「低レベル電磁界に関する情報提供拠点整備へ−センター、年内めどに発足」で伝えられた内容に関して、いくつか教えていただきたいことがあります。

【質問事項】

(1)「情報の中立性を担保するため、同センターに助言や提案を行う外部の運営委員会を設立する。」「外部有識者による運営委員会も設け、中立性を担保する。」とありますが、この運営委員に選出されることになる外部有識者とは、具体的にどの方(もしくはどの組織に所属する方)を想定していますか。またその人選はどなたが(あるいはどこの部署が)行うことになりますか。

(2)「原子力安全・保安院が同センターの設置を検討。関係機関との協議の上、7月1日付で電気安全環境研究所(JET)内に「電磁界情報センター準備室」(室長=大久保千代次・明治薬科大大学院客員教授)を設置した。」とありますが、「関係機関」とは具体的に何でしょうか。また、それら関係機関と、それぞれ具体的にどのような内容の協議を行ったのか、明らかにしてください。

(3)「7月1日付で電気安全環境研究所(JET)内に「電磁界情報センター準備室」(室長=大久保千代次・明治薬科大大学院客員教授)を設置した。」とありますが、このJETという組織は原子力安全・保安院とどのような関係にある組織なのでしょうか。JET内に準備室を設置する理由もあわせて教えてください。

(4)「同室は大久保室長のほか、JETと電力業界から各3人ずつで構成。9月からはさらに1人が加」わるとありますが、これら構成員の方々について、それぞれお名前と所属を教えてください。

(5)「同センター自身も独立性を担保するため、運営は賛助会費で賄う。会員は今後募る予定で、大久保室長は「電磁界と関係の深い電力業界には幅広く協力していただきたい」と話している。」とありますが、「電力業界の幅広い協力」はこの場合、センターに対する賛助金の拠出のかなりの部分が電力業界からなされることを期待する、と解釈できるように思いますが、この私たちの解釈は正しいですか。また、そのことと「独立性を担保する」こととは両立するのでしょうか。お考えをお聞かせください。

以上

(この質問は、市民科学研究室の上田が作った原案を「電磁波から健康を守る百万人署名連絡会議」で検討・修正して、原子力安全保安院に8月15日に出したものです。)

書評原稿を募集します

次号ならびに次々号の『市民科学』のための書評原稿を募集します。

対象とする本は次の5点のいずれかです。

市民科学研究室の会員の方からの応募を優先しますが、もし応募が少ない場合は非会員の方からの応募も受け付けます。8月20日(水)が応募締め切りですので、早めにお問い合わせ下さい。

原稿料は少なくて申し訳ないのですが、3000円です。
本は、申し訳ありませんが、ご自分で購入なさるか、図書館で借り出すかしてください。

原稿締め切り:9月15日(月)
字数:2000字以上、上限はなし(3000字前後が適当と思われる)

以上、執筆を希望される方は市民科学研究室あてに、8月20日までにご連絡ください。正式な原稿依頼書をお送りいたします。

フードバンクという挑戦/大原悦子/岩波書店1,995円

子どもたちの三つの「危機」/恒吉僚子/勁草書房2,310円
 →著者に関する参考インタビュー

美容整形と化粧の社会学/谷本奈穂/新曜社3,045円
【執筆担当が決まりました】

反核シスター/メアリー・ルイーズ/緑風出版1,890円

狂気の核武装大国アメリカ/ヘレン・カルディコット/集英社新書

市民研 秋の合宿のお知らせ

市民科学研究室の恒例の合宿を実施します。

秋の素晴らしい陽気のもと、稲刈り・自炊・研究発表と議論……と楽しく充実した2泊3日を過ごしたいと思います。どなたでも参加できます。お申し込みをお待ちしています。

●2008年10月11日(土)、12日(日)、13日(月、祝)

●場所:茨城県常陸太田市(旧里美村)の「まったり〜村」

●交通:車の使える方の人数をみて決めますが、いまのところ、都内から主に車に分乗して向かうことにしています。もちろん、個別に鉄道を使って現地集合もOKです。現地までの地図

●費用:二泊三日でお一人12000円以内(子どもさんは8000円以内)
    (交通費は別、近々、金額を確定します)

●内容:稲刈りなどの農作業を体験します。
    資料館にあるような古い農具を集めているので、伝統的な農業の歴史なども勉強できます。
    食事は自炊します(料理の腕のたつ人が数人参加予定です)。
    朝と夜の時間を使って、研究発表+議論を3、4件入れます。

●参加人数:25名まで(夫婦や親子での参加も歓迎します)

●申し込み期限:2008年8月31日(日)まで

●申し込み先:市民科学研究室(電話またはメールで)

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。