2011年1月アーカイブ

市民研の上田は、2010年1月22日(土)に栃木県での小山高専サテライトキャンパス講座の第2回「サイエンスEカフェ(科学技術倫理カフェ)」において、「日本の住宅の10大不満~住環境革命のための科学技術とは」というテーマで話をしました。

詳しい報告は次号『市民研通信』第6号(2月中旬発行)にて行います。

毎年恒例の手作り味噌の講座を2011年も行います。実施日は、第1回が2月20日(日)、第2回が3月6日(日)です。都合のよい方をお選びいただきますが、それそれ定員は10組ほどですので、お早めにお申し込みください。参加希望者は、
第1回目の方は、市民科学研究室(03-5834-8328、renraku@shiminkagaku.org )まで、
第2回目の方は、眞鍋じゅんこさん(sibamataumare@excite.co.jp)まで、
ご連絡ください。

以下に概要を記します。よくお読みの上、ご参加ください。

【味噌づくり講座 2011】

第1回
日時:2月20日(日)午前9時~
場所:アカデミー向ヶ丘 実習室 (3階)
 文京区向丘2−5−7 03−3813−7801
 南北線東大前駅より徒歩2分
 (駅1番出口から本郷通りに出て、すぐ右の路地に入る。東大グランドに沿って真っ直ぐ。)

→前日19日(土)に市民研にて準備作業をします。手伝っていただける方はご一報ください。

第2回    
日時:3月6日(日)午前9時~
場所:豊島区生活産業プラザ実習室(池袋駅)

→前日5日に眞鍋さん宅で準備をします。手伝っていただける方はご一報ください。

●料金(第1回目、第2回目とも共通)
・ひと組分:5500円(大豆2kg分ーみそ7~8kg分)
・食事代:1人300円(当日徴収)

●工程
・前日午前までに大豆などの買い出し
・前日午後から大豆洗い・浸水など(市民科学研究室にて)
・当日
 午前9時~ 
   ・大豆火入れ(2~3時間)
   ・材料準備
 午前11時
   ・煮上がった大豆を潰し始める
   ・麹と塩を大豆と合わせるー冷ます
 午前12時半頃  昼食
 午後2時頃
   ・味噌玉を容器に詰める
 午後3時頃
   ・終わった人から片付け開始
 午後4時頃  終了

●持ち物
・エプロン・三角巾・タオルなど
・ペットボトル(煮汁を持ち帰りたい方)
・マッシャーなど、潰す道具をお持ちの方はご持参下さい
・容器:陶製カメ・ホーロー容器・プラスチック製密閉容器など
  8~10リットルの大きさが必要です。
  味噌は7~8キロになります。
  相当重いので、キャリーなどがあると便利かもしれません。

カラー版の「子ども料理科学教室」の案内パンフレットができました。
このPDFファイル→kids_science_kitchen_leaflet.pdf
をプリントアウトして2つ折りにしてご利用下さい。
10部以上の配付など、広報にご協力いただける場合は、ご連絡ください。
資料とともに一式を郵送させていただきます。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。