2011年7月アーカイブ

9月4日(日)午前に国立市の南市民プラザ調理室において、「発酵という魔法~小さな微生物の大きな力」と題した授業(子ども料理科学教室)を実施します。生徒さん20名限定です。詳しく決まり次第、このページで参加要領をお伝えします。

7月23日(土)に町田市の市民部・市民協働推進課・消費生活センターの主催で、夏休み親子料理科学教室「おいしいごはんのヒミツ!」を実施します。
実施要項、お申し込みなど、詳しくは、このサイトをご覧ください。

2011年7月1日に実施しました、第38回 市民科学講座/シリーズ・東日本大震災(その6)「大震災と水インフラ~今後の防災・危機管理をみすえて~」の報告をこのページに掲載しております。これは、集会での発表とディスカッションの発言の主だったものをそのまま記録したものです。当日配布された発表者のレジュメ(4人分)も掲載していますので、そちらも合わせてご覧いただければと思います。市民科学研究室では今後この水インフラの問題に対して、何らかの具体的な提案や行動提起を行っていく予定です。この報告をお読みいただいての、ご質問、ご意見、そして今後の検討の機会へのご参加をお待ちしております。

*******************

■報告全体のPDFはこちらから→csijnewsletter_008_waterreport.pdf

■吉澤剛+上田昌文 による「東京都における水道システム〜防災・危機管理の視点から」
 ★配布資料 →ccsijnewsletter_008_yosizawa.pdf 

■滝沢智さん(東京大学工学部教授)による「水インフラの役割と大震災の教訓」
★配布資料 →csijnewsletter_008_takizawa.pdf 

■山本有孝さん(日本上下水道設計株式会社)による「日本の上下水道の今~現状と課題、市民として意識しておきたいこと~」
 ★配布資料 →csijnewsletter_008_yamamoto.pdf 

■玉真俊彦さん(日本上下水道設計株式会社)による「上下水道における官民協働と住民参画~国外の事例と国内での導入モデル~」
 ★配布資料 →csijnewsletter_008_tamama.pdf

内容は以下のとおりです。
ホームページの「市民研通信最新号」のコーナーからすべてご覧いただけます。
PDFはこちらから→csijnewsletter_008.pdf

巻頭言 被災地復興のステップについて(上田昌文)
      食と放射能を考える(上村光弘)

翻訳  ナノ二酸化チタンを職業発ガン物質と決定(翻訳・解説 小林 剛)

論考  「御用ジャーナリズム」イメージはどこからきたのか(その1)(林 衛)
    携帯電磁波の発がんリスク 国際がん研究機関の発表について(上田昌文)

報告  市民科学講座「大震災と水インフラ」(吉澤剛)
    報道記事からまとめた「大槌町・データ」(青山峻丈)
     大槌町の復興について(平松朝彦)

要望書 県民健康管理調査に関する要望書(低線量被曝研究会)

7月29日(金)に市民科学講座「シリーズ・東日本大震災」(その7)として「とことん知ろう! セシウムのふるまい~被曝の最小化、今後の汚染対策のために~」を開催します。

また、この講座に向けて、セシウムに関する疑問や質問を受け付けます。専門家に問い合わせることを含め、可能なかぎり、調べたことを詳しく示していきます。問い合わせはこの連絡先まで。


第39回 市民科学講座/シリーズ・東日本大震災(その7)

とことん知ろう! セシウムのふるまい
~被曝の最小化、今後の汚染対策のために~

福島第一原発の事故によって、半減期30年の放射性セシウムが、原発周辺地域はもとより関東や東北も含めて広い範囲に降り注ぎました。多方面に手を尽くして、被曝を最小化し、汚染の広がりを抑えていかねばなりませんが、そのためにはセシウムの環境中でのふるまい方をしっかりと知っておくことが重要です。土壌、水、河川や海、動植物、そして人体......セシウムの物性と環境の条件がどうからんで、そのふるまいが決まるのかについて、最新の専門的知見をとりまとめ、実用に資するよう、わかりやすく提供します。
 
2011年7月29日(金)18:30~21:30(18:00開場)
光塾COMMON CONTACT並木町
(渋谷区渋谷3-27-15光和ビル地下1階 tel. 03-6427-6462)
JR渋谷駅の新南口改札から徒歩1分。渋谷駅からは外に出ず、埼京線への乗り替え連絡通路で新南口に出ると便利。

資料代:500円
事前予約は必要ありません、直接いらしてください。

◆講師◆
上村光弘 (市民科学研究室・理事)
上田昌文 (市民科学研究室・代表理事)

上村はこの間、セシウムに関する専門的な文献や情報を収集し、整理に努めてきました。上田は、放射線リスクに関する講演を4月以降各地で30回ほど引き受け、参加者の方々から多くの質問やリクエストをいただいてきました。

pdfのチラシはこちら→ad20110729_cesium.pdf

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。