12月11日(日)に国立市で「お米を美味しく炊く」料理科学講座

12月11日に国立市の助成による「くにたち子ども未来塾」の一環として、子ども料理科学教室の2回目を実施することになりました。どなたでも参加できます。お申込みは市民科学研究室まで。

テーマ「土鍋で美味しくご飯を炊く秘訣」

私たちは毎日のようにお米を食べています。大半の人は炊飯器を使って炊いているのでしょうが、じつは土鍋だけを使って、ともてふっくらと美味しく炊きあげることができます。でもそれには、簡単だけれどいくつかの技がいるのです。お米の粒は何からできているのか? お米はどれくらい水を吸ってふくらむのか?火加減、水加減、研ぎ方、蒸らし方のポイントは? なぜそうするといいのか? 美味しく炊きあげる技術のうらにある理屈を、実験をとおして明らかにします。

日時:2011年12月11日(日) 午前10時~12時半
場所:国立市のくにたち福祉会館 の調理実習室

参加費:500円程度(子ども一人につき)
定員:20名(小学校1年生~中学3年生、保護者の参加が必要)

事前の準備の関係で、申し込み期限は11月末日です。
お問い合わせ&お申し込み先:NPO法人市民科学研究室

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2011年10月24日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『市民研通信』第9号を発行しました」です。

次のブログ記事は「[原子力問題セミナー] 市民研の上田が講師をつとめる集い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。