5月20日連続勉強会第1回「ICRPは黄門さまの印籠か?」を開催

40名の参加をいただき、大変盛況な討論会となりました。ありがとうございました。
まずは各講演の資料と、会場の様子をお知らせいたします。
詳細な報告はまた後日公開させていただきます。

●概要説明 ICRPとは
    瀬川嘉之(高木学校/市民科学研究室・低線量被曝研究会)
資料はこちらです→http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/ICRP.pdf

●提起(1) ICRPというコンセプト
      ~しきい値なし線形、三位一体原則、Alara、リスクと実効線量
    田島直樹(安禅不必須山水)
資料はこちらです→http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/tajimaPPTver3.pdf

●提起(2) ミニ授業プラン「1年に1mSv(ミリシーベルト)はどう決められたのか」
    小沢洋一(仮説実験授業研究会)
資料はこちらです→http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/mini_plan_20120601.pdf

●提起(3) 日本"基準"はICRPとどう違っているか 
    林 衛(富山大学/科学ジャーナリスト・編集者/市民科学研究室会員)
資料はこちらです→http://scicom.edu.u-toyama.ac.jp/20120520_hayashi

(5/31)共通資料を修正しました→http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/huzoku_siryou_20120531.pdf

会場の様子
kaijo_yousu.jpg

討論で出た論点を記録したホワイトボード
white_board1.jpg
white_board2.jpg
white_board3.jpg
white_board4.jpg

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2012年5月22日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月3日(火)からシリーズ「語る+聞く リプロダクションのいま」」です。

次のブログ記事は「書評を書いてみませんか(2012年6月~12月)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。