バーレヴァ博士講演「チェルノブイリから 26年ロシアの子供たち」

2月3日に実施しましたシンポジウム「放射線影響の真実に迫る」で、ロシアからお招きしたラリーサ.S.バーレヴァ博士にご講演いただきました。その時の講演資料を、口頭発表の原稿の一部とあわせてここに掲載します。

チェルノブイリ事故から26年

小児放射線防護臨床研究センターの活動の結果

ラリーサ・S・バーレヴァ
ロシア連邦小児放射線防護臨床研究センター所長(小児科医)


PDFはこちらから→csij_symposium20130203_baleva.pdf

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年2月21日 18:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「24日「大地を守る会・オーガニックフェスタ」で食品放射能の講演」です。

次のブログ記事は「『市民研通信』第16号を発行しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。