『市民研通信』第17号(2013年4月)を発行しました

市民研通信 第17号 通巻145号(2013年4月)

<特集:ナノ粒子の健康リスク>
2013年2月23日実施 第51回 市民科学講座 <特別シンポジウム>
ナノ粒子の健康リスク~母子伝達と次世代影響、リスク管理を軸に~ 報告

ナノテクノロジーのリスクをどう考えるべきか
上田昌文(市民科学研究室・代表理事)

ナノ粒子の健康リスク(1) 母子伝達と次世代影響
武田 健
(東京理科大学・副学長/同・薬学部教授/東京理科大学戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター・センター長)

ナノ粒子の健康リスク(2) 私たちはいかにリスクを回避できるのか
梅澤 雅和
(東京理科大学戦略的環境次世代健康科学研究基盤センター・助教)


ナノ毒性クライシスの検証
ナノリスク問題で孤立する日本
小林剛
(環境医学情報センター代表 医学博士)

報告 
ハーデルが論じる、携帯電磁波の脳腫瘍リスクと予防原則
~欧州環境庁のレイト・レッスンズ報告書Ⅱより
 

上田昌文

翻訳 
ウクライナ政府報告書(第3章、第4章)の日本語訳・修正版

エッセイ 
私のおすすめ3作品 2012 
市民研会員有志

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年4月16日 11:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PARC自由学校で「文系アタマで'科学'を考える」が開講(5月~)」です。

次のブログ記事は「千駄木駅から徒歩1分、小さな事務スペース(4畳半)が使えます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。