『市民研通信』第19号(2013年7月)を発行しました

『市民研通信』第19号(2013年7月)


【巻頭言】情報公開によって見えること、にとどまらず
柿原 泰(市民科学研究室・理事)


<ナノチタン粒子の環境・健康影響に関して>
ナノチタン粒子の生態系影響

光触媒のナノ粒子放出によるリスク-環境医学的考察─

翻訳:ドイツ環境省報告 二酸化チタンナノ粒子の環境中挙動
小林 剛(カリフォルニア大学環境毒性学部元客員教授)


食品放射能汚染計測データ(2011-2012)を分析する(その1)
上田昌文(市民科学研究室・代表理事)


イベント報告:ワークショップ「こどものケータイ、どうしてる?」
阿部佐紀子(issho-ippo)/吉村秀一(デザイナー)


連載エッセイ:「学問へススメ ~技術系営業マンの学位取得奮闘記~」第1回
佐藤 隆

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年7月23日 14:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メディアやブログに紹介された最近の活動から」です。

次のブログ記事は「講演記録 「放射能 子どもにどう伝える?」 を掲載しています」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。