『市民研通信』第20号(2013年9月)を発行しました

『市民研通信』第20号(2013年9月、通巻148号)を発行しました。
以下のリンク先から全文を読むことができます。

なお、2013年になって発行したバックナンバーは以下のとおりです。

第19号(2013年7月)
第18号(2013年6月)
第17号(2013年4月)
第16号(2013年2月)


巻頭言
クラウドファンディングの可能性 
上村光弘(市民研・理事)

巻頭言
2050年ヒモト国訪問記(その1)
A.U. (CSIJ Journal 記者)

講演記録
「放射能」子どもにどう伝える?   
上田昌文(市民研・代表)

論文+資料翻訳
ナノ食品の壮大な「動物実験」消費者はモルモット
小林剛(カリフォルニア大学環境毒性学部元客員教授)

翻訳・解題
ARCH(チェルノブイリ健康研究アジェンダ)について
市民研・低線量被曝研究会

翻訳・解題 
UNSCEARチェルノブイリ報告書(2000年)に対するベラルーシからの批判
吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)

連載 
学問へススメ ~技術系営業マンの学位取得奮闘記~ 第2回
佐藤隆

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年9月18日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食品放射能計測データ一覧【三訂版】(2011~12年度10都県分)」です。

次のブログ記事は「11月23日(土・祝)にシンガポール料理イベント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。