11月23日(土・祝)にシンガポール料理イベント

市民研 食の総合科学研究会

「シンガポールの食文化について語ろう」

singapore.jpg

シンガポールに5年間在住された高島系子さんを講師にお招きして、
中野のスリランカ料理レストラン「アチャラナータ」でランチをいただきながら、
シンガポールの食・文化・宗教などについてお話を伺います。
以下、高島さんからの案内文です。


***************************
シンガポールで、さまざまな民族や国の人たちに囲まれて暮らすうちに、
それぞれの料理や食習慣の背景に興味を持つようになりました。
宗教や歴史、文化を絡めたシンガポールの「食」について、
以下に掲げるテーマで、生活者ならではの視点からお話したいと思います。

・シンガポールの民族構成と、それぞれの食文化
・街で出合う宗教食
・それぞれの民族の知恵
・西洋の影響
・シンガポール人は和食が大好き
・日本の食材に対するシンガポール人の意識
・ウェットマーケットとホーカー
・市場やスーパーの食材はどこから?
・ローカル料理あれこれ
・「プラナカン」とニョニャ料理について
・スリランカとの接点
など


11月23日(土・祝)11:30~14:00

・会場:中野 アチャラナータ(JR中野駅 南口徒歩2分)
  中野区中野2丁目27番14号 丸萬ビル3階

・講師:高島系子 (ライター/市民研・食の総合科学メンバー)
 ご自身のブログです→ だいどころLABO


・参加費:2,000円 (ランチ代込)

・定員:15名

・お申込みはWeb申込みフォームにて→ こちら

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年10月 7日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『市民研通信』第20号(2013年9月)を発行しました」です。

次のブログ記事は「11月9日サイエンスアゴラで「動物実験なぜ必要?なぜ反対?」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。