『市民研通信』第21号(2013年11月)を発行しました

『市民研通信』第21号(2013年11月、通巻149号)を発行しました。
以下のリンク先から全文を読むことができます。

なお、2013年になって発行した号のバックナンバーは以下のとおりです。

第20号(2013年9月)
第19号(2013年7月)
第18号(2013年6月)
第17号(2013年4月)
第16号(2013年2月)

市民研通信 第21号 目次

巻頭言

食品の回収・廃棄はどこまで必要?
小林友依(市民研・理事)

プラスチック微粒子による海洋汚染のこと
上田昌文(市民研・代表)

ニュース動画翻訳
01 携帯電話電磁波曝露の訴訟
02 傷害による破局:携帯電話と子どもの脳

翻訳
不確実な遺伝-環境的曝露の継世代的効果

京都だより
移ろうもの、担うこと 
吉澤 剛(市民研・理事)

連載 第3回
学問へススメ~技術系営業マンの学位取得奮闘記
佐藤 隆

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2013年11月10日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12月15日(日)にお茶の水女子大学でドーム上映会」です。

次のブログ記事は「12月9日に 「こどもにどう伝える?放射能のこと」in 世田谷」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。