2014年3月アーカイブ

NPO法人市民科学研究室と公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)」の共同事業として、子どもたちを対象にした「放射能リテラシー」の授業・ワークショップが始まりました。

先の11月26日、福島市内の中学校でスタートし、以後、いろいろな場でその場に応じたワークショップを実施してています。

第1回~第6回の報告がSCJのホームページに掲げられていますので、ご覧ください。

放射能リテラシー:活動報告①
~ワークショップが始まりました~(2013.12.26)

放射能リテラシー:活動報告②
~福島県いわき市の中学校でのワークショップ (1)~(2014.1.15)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告③
~中学、高校生8人が参加した1日ワークショップ~ (2013.02.20)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告④
~イギリスの雑誌記者が福島の子どもたちにインタビュー~ (2013.07.04)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告⑤
~いわき市の2つの中学校でワークショプ:パイロット版セッション1を実施~学校の放射線量はどのくらい?~ (2013.08.06)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告⑥
~いわき市の2つの中学校でワークショプ:パイロット版セッション2を実施~「毎日の食事」をテーマに考えよう~ (2013.08.21)

多くの問題を抱えたまま突っ走ろうとしている、JR東海のリニア中央新幹線計画。以下に、市民科学研究室・代表の上田が発表した、2つの記事を掲載します。ご参考にしていただければ幸いです。

・講演録:リニアは「交通の役割」の時代錯誤
 ~季刊『アゴラ』第61号(2012年7月)所収
 csij_linera_general_2012_ueda.pdf

・論考:リニア中央新幹線「環境影響評価準備書」にみる磁界安全論は妥当か
 ~『電磁波研会報』85号(2013年11月23日)所収
 csij_linear_emf_20131118_ueda.pdf

研究会「bending science を読む会」を新しく立ち上げます。
参加者を募っています。希望される方はご連絡ください。

この研究会は、まずは次の2つの本を精読することから始めます。
これらを読みながら、これに沿ったテーマでの調査を市民科学研究室においてどう設計できるかを考え、2014年秋から具体的な調査に着手します。

Bending science とは、企業が利益追求のために、あるいは政府が体制維持のために、あるいは特定のイデオロギーを持った諸団体が自身の主張を通すために行うことがある、恣意的な科学の利用(ねじ曲げ)のことです。多くの事例を分析して、このねじ曲げの手法を明確にさせることがこの研究会の第一の目的です。そして、学んだ知識を活用すべく、現実になされているねじ曲げの具体例に光をあて、新たな批判のメスを入れていくことを目指しています。

Bending Science: How Special Interests Corrupt Public Health Research


Doubt is Their Product: How Industry's Assault on Science Threatens Your Health


まず、最初の勉強会では、上記2著のうち、Bending Science の第1章(序文)を扱います。これについては、幸いなことに、一部をPDF化したものがネットにありますので、初回はそれを利用します。


Bending Science の本については、いろいろなサイトでレビューされていますので、それらも参考になさってください。ここでは4つをあげておきます。

レビュー(1)  レビュー (2)   レビュー(3)   レビュー(4)


1回目の会合では、後者の本 Doubt is Their Product についても序文と目次の紹介を行います。

3月と4月に行われる講演・イベントのご案内

3月と4月に行われる市民向けの講座や講演で、市民研・代表の上田が講師を務めるものをいくつかご案内いたします。

●3月9日(日)13時~(第1部)、14時30分~(第2部)
「地域と地球を考える味噌汁カフェVol. 2」

●3月15日(土)13時30分~
「インチキ科学に惑わされないために」

●3月30日(日)15時30分~
「子どもの健康と環境~放射線、電磁波、化学物質、食......どんな対策が決め手になるか」

●4月24日(金)午前10時~12時
「食生活を科学する~放射能・化学物質対策などもふまえ 健康の要としての「食」を考える」
チラシはこちら→ad_kikuna_20140424.pdf

市民科学研究室(市民研)創設20周年にあたり、多くの方に市民研を知っていただくために、
ひと目でわかる市民研の20年
というA3版の紹介資料を作りました。ご活用いただけば幸いです。

「ひと目でわかる市民研の20年」 
pdfはこちら→csij20years.pdf

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。