2014年8月アーカイブ

講演&ワークショップ
ケータイ、スマホは子どもに必要か?
~依存症と電磁波健康リスクから考える~

講師&ファシリテーター:上田昌文(NPO法人市民科学研究室・代表)

9月27日(土)14:00~17:00

アカデミー茗台 7F 学習室A
(東京都文京区春日2丁目9番5号 電話番号:03-3817-8306
 地下鉄丸の内線茗荷谷駅から徒歩8分)

meidaiacademy.png

参加費:500円/定員:60名

お申込み:
TEL: 03-5834-8328 / Email: renraku@shiminkagaku.org
Web申込みページ: 「こくちーず」

主催:NPO法人市民科学研究室「環境電磁界研究会」

チラシはこちらから→ad20140927_cellphone.pdf


【ワークショップに先立って】

今年の3月に公表されたある企業(デジタルアーツ社・東京都)の調査では、「女子高生のスマホや携帯の1日の平均使用時間は6.4時間だった。さらに6時間以上が4割を超え、うち12時間以上との回答も1割を超えた」とのデータがありました。容易に想像できるように、これほど長時間使用すれば、それだけでまともな学校生活や家庭生活はできなくなるでしょう。LINE漬けでスマホを握ったまま寝落ちする......そんな子ども確実に増えていることが、いろいろな報道から伺えます。

今年の4月の米国の報道では、「iPadなどのタブレットPCやスマホに熱中する3歳から4歳の子どもが急激に増加していて、なかには一日に数時間もタッチパネルを指で"掃く"操作を続けるといった中毒症状を呈している子どももいるが、そうした子どものうちには、積み木を積むという動作ができない子が現れている」「もう少し年長者では、情報をもっぱらPC画面で見ることになってしまったためか、紙とペンを使ったこれまでの試験のやり方についていけない子どもも出てきた」とのこと。

こうした状況の責任は大人にあります。教育効果を高める「アプリ」を使っての学校現場でのスマートフォンの導入・普及、セキュリティを謳った携帯と連動する連絡・監視システムの普及、そして遊び道具としての幼児期からの日用品化、携帯電話を含み込んでの環境中での無線利用の一方的拡大等々、高周波電磁波曝露の低減化とは逆行する諸条件を作り出してきたのはまさに大人です。

このような状況はもちろん日本だけに限りません。ところが日本と違って、フランスやベルギーをはじめとする欧州のいくつかの国、米国のいくつかの州、カナダなどが、子どもの携帯電話使用に関して独自の規制や勧告を打ち出すようになってきました。例えばベルギー政府は2013年2月に、「7歳以下を対象とする携帯電話の販売の禁止」「14歳以下を対象とした携帯電話の広告やテレビコマーシャルの禁止」を決めました。

携帯電話の使用を止めさせるのは大変難しいことです。周りの人たちのほぼ全員が使うようになってしまうと、持たない人がそれだけで大きな不便を被ることになるという、技術をめぐっての社会の変容が生じるからです。週に1日程度、意識的に携帯をOFFにして過ごすようすることはよいことだと思われますが、大多数の人にとってそれは可能でしょうか?電磁波の曝露を減らすための工夫もいろいろできますが、あなたはそれをご存知でしょうか? こうした自衛的手段に加えて、やはり何より大切なのは、社会全体で本気で子どもの将来を考え守っていく、という姿勢です。一般市民への圧倒的な利便性と事業者である企業への莫大な利益をもたらしている携帯電話という日常化した技術に対して、将来の子どもの健康を守るという予防的観点から、自制的な動きをどう啓発し、法的なレベルを含めてどう規制をかけることができるか、という公共的な課題が、私たちに突きつけられているのです。

このワークショップでは、前半に、子どもたちのケータイ、スマホの使用状況を種々のデータでふりかえり、電磁波健康リスクに関する最新の動向を講師からお伝えします。そして後半は、「では子どもを依存症から、そして電磁波曝露リスクから守るために、何がどうできるか」をグループ討論によって、探っていきます。

ふるってご参加ください。■

10月11日(土)に行われる市民科学講座「環境物理学からみた里山資本主義」のプレイベントとして、9月12日(金)に市民科学談話会を開きます。

参加者の皆様は書籍『里山資本主義 ─日本経済は「安心の原理で動く」』(藻谷浩介
・著)を事前にお読みください。
15名までの少人数で、自由な雰囲気で皆が存分に語り合う機会です。ふるってご参加ください。


市民科学談話会 「里山資本主義」を読む

●9月12日(金)19時~
●市民科学研究室事務所にて
●話題提供:加納 誠(東京理科大、地球環境緑蔭塾、市民科学研究室会員)
●参加希望者は必ず事前に市民研までお申込み下さい(15名定員)
●軽めの飲食をしながらの会ですので、その費用500円をご負担ください

『市民研通信』第26号(2014年8月、通巻172号)を発行しました。

以下のリンク先から全文を読むことができます。


なお、バックナンバーは以下のとおりです。

第25号(2014年6月)
第24号(2014年4月)
第23号(2014年2月)
第22号(2014年1月)
第21号(2013年11月)
第20号(2013年9月)
第19号(2013年7月)
第18号(2013年6月)
第17号(2013年4月)
第16号(2013年2月)

市民研通信 第26号 記事論文一覧

世田谷こども守る会・3周年イベント 発表
「4年目のごはんのはなし」
堀 ともこ(世田谷こども守る会)

知りたい!南インド&シンガポールのカレー文化とスパイス

第1回 食べる編

林田麻由子(市民研・食の総合科学研究会)

漫画「美味しんぼ」騒動が示す低線量被曝の課題
~本当の意味での風化とは何か~

伊藤 浩志(市民研・低線量被曝研究会)

図書館はどう変わろうとしているか
上村光弘(市民研・理事)

書評:『<科学ブーム>の構造 科学技術が神話を生み出すとき』
五島綾子 著、みすず書房 2014年
評者:森川 浩司(市民研・会員)

連載学問へススメ~技術系営業マンの学位取得奮闘記~
第7回 続・Scientific Misconduct(科学的不正行為)について

佐藤 隆(市民研・会員)

市民研発 世界の環境ニュース  第5回 エボラ出血熱
石塚隆記(市民研・理事)

福島県「県民健康管理調査」はいかに始められたのか
柿原 泰(東京海洋大学/市民研・低線量被曝研究会/市民研・理事)

ARCH(チェルノブイリ健康研究アジェンダ)Technical Report 翻訳
第9章  急性障害
第11章 胎児被曝での精神ストレス

市民科学講座
環境物理学からみた里山資本主義

講師:加納 誠(東京理科大、地球環境緑蔭塾)
コメンテーター:上田昌文(NPO法人市民科学研究室・代表) ほか

日時:2014年10月11日(土)14:00~17:00
場所:アカデミー文京 学習室(B1F)
東京都文京区春日1丁目16番21号

定員:60名
参加費(資料代):500円

<お申込み>
Tel: 03-5834-8328 / Email: renraku@shiminkagaku.org
Web申込みページ: 「こくちーず

主催:NPO法人市民科学研究室

チラシはこちらから→ad201410119_satoyama.pdf


持続可能な循環型社会の実現には、市民参加分散型循環社会の構築を目指すことが急務とされている。世界経済がグローバル化する中で、国境を超える資本や情報の移動などにより国家主権は緩み、同時に小さな共同体からの自治要求も活発化して個々人のリテラシーが問われる時代になった。正に里山資本主義が注目される所以である(文献1)。

この様な時代に有って我々は、グローバル化した経済活動・環境問題に対して、環境物理学からみた物質循環と情報循環の促進、特に環境科学リテラシー脚注)確立に向けて、後の世代のために社会的責任を果たさなければならない。真の循環型社会の実現は、日本人が持っていた自然を愛し、物を大切にする精神が鍵と考える(文献2)。 

脚注
科学的リテラシーとは、自然界及び人間の活動によって起こる自然界の変化について理解し、意思決定するために、科学的知識を使用し、課題を明確にし、証拠に基づく結論を導きだす能力を指す。日本語では、読み書き能力・啓蒙思考力等の意味が含まれるが正確な訳語は未だ無い。

参考文献
1) 藻谷浩介(2013) : 里山資本主義,角川書店,東京, 117-297
2)Makoto KANO: Journal of Life Cycle Assessment, Japan, Vol.10 ,No.2,P151-154, April 2014

NPO法人市民科学研究室と公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)」の共同事業として、子どもたちを対象にした「放射能リテラシー」の授業・ワークショップが始まりました。

先の11月26日、福島市内の中学校でスタートし、以後、いろいろな場でその場に応じた参加型のワークショップを実施しています。

第1回~第6回の報告がSCJのホームページに掲げられていますので、ご覧ください。

放射能リテラシー:活動報告①
~ワークショップが始まりました~(2013.12.26)

放射能リテラシー:活動報告②
~福島県いわき市の中学校でのワークショップ (1)~(2014.1.15)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告③
~中学、高校生8人が参加した1日ワークショップ~ (2014.02.20)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告④
~イギリスの雑誌記者が福島の子どもたちにインタビュー~ (2014.07.04)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告⑤
~いわき市の2つの中学校でワークショプ:パイロット版セッション1を実施~学校の放射線量はどのくらい?~ (2014.08.06)

放射能リテラシープロジェクト:活動報告⑥
~いわき市の2つの中学校でワークショプ:パイロット版セッション2を実施~「毎日の食事」をテーマに考えよう~ (2014.08.21)

市民研・代表の上田が以下のシンポジウムのパネルディスカッションでコーディネーターを務めます。

ふるってご参加ください。お申し込みは、インターネットの専用サイトからどうぞ。

日本学術会議トキシコロジー分科会主催シンポジウム
「PM2.5とナノ粒子―微小粒子の健康影響とその対策を考える―」

2014年9月6日(土)13:15~17:00
日本学術会議講堂(地下鉄 千代田線「乃木坂」5番出口1分)

チラシはこちらから

nanosympo2014.jpg

babycom & 市民研「市民と防災」研究会 共催
 
「子どもと防災」ワークショップ vol.1

わが家の減災ステップ
~「子どもと防災ノート」を使って親子で描き出す~

2014年 8月19日(火)14:00~16:30

代田区民センター 第一会議室 
(世田谷区代田6丁目34番13号 京王井の頭線 新代田駅下車 徒歩1分)

参加費:1000円(飲み物・おやつ有り) 

定員:15名 事前申し込みが必要
子どもさんは小学校5年生以上とさせていただきます。親だけの参加もできます。

お申込み:
TEL: 03-5834-8328 / Email: renraku@shiminkagaku.org
Web申込みページ: 「こくちーず」


チラシはこちらから→ad20140819_disaster01.pdf

東日本大震災を経験して、各地で防災への意識が高まり、新たな取り組みが生まれていますが、幼い子どもに配慮した避難計画はあまりみられません。災害から子どもを守るためには、子ども優先の対策や子育て世代と地域がつながる地域防災の仕組みづくりが必要です。

このたびbabycomと市民研が共同で「子どもと防災 プロジェクト」を立ち上げ、出版、セミナー・講演、Webでの情報提供などで地域のママたちを支援することにしました。

今回のワークショップでは、首都圏の大地震や大規模水害の被災・避難に関する基礎知識のレクチャーを受けた後、『子どもと防災ノート』の中の作業シート「わが家の減災絵巻」を、話し合いながら親子で書き込んでいきます。防災計画の作り方が具体的に学べる貴重な機会です。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。