2014年9月アーカイブ

市民科学研究室が4年をかけて開発してきた、生活習慣病対策ゲーム「ネゴシエート・バトル」(通称「ネゴバト」)のパイロット版が完成しました。

これを使ってのモニターとなってくださる方を募集しています。

詳しくは以下のサイトをご覧ください。お申し込みをお待ちしています。

「ネゴバト」パイロット版のモニターを募集中

「ネゴバト」ホームページ

市民研・代表の上田を講師にしての、次の2つの学習会が開催されます。
ふるってご参加ください。


●10月12日(日) 府中市にて

講演&ワークショップ

ケータイ、スマホの「健康リスク」と「依存症」を考える
子どもたちへの影響と対策について話し合ってみよう!

【日時】 10月12日(日) 午後2時~4時半
【場所】 府中・グリーンプラザ 第5会議室 参加費:無料
【講師・ファシリテーター】 上田昌文 (市民科学研究室代表)
【主催】 府中・生活者ネットワーク 042-360-4443

今や小学生の3割、中学生の6割、高校生のほぼ全員が携帯電話やスマートフォンを持ち、LINEやゲームなど「なくては暮らせない!」という子どもが増加しています。心身の成長の上でも深刻な影響を与えており、依存症傾向が子どもにも蔓延しつつあることがわかってきています。
長時間・長期間・高頻度の電磁波の曝露の健康への影響も懸念されています。保護者にとっても悩みが大きいことのひとつではないでしょうか。

日本では公的な規制はいまだ手つかずですが、この状況を座視するわけにもいきません。保護者や教育関係者の課題は大きいと言えます。

講師である上田さんに、携帯電話やスマホのトラブルの事例や規制の国際動向、電磁波リスクの医学データなどを学んだあと、上田さんのリードのもとに、参加者同士で意見を論じ合ってみたいと思います。また、実際どのくらい電磁波が出ているか、測ってみます。ぜひご参加ください。

チラシはこちらから→ad20141012_futyu_cellphone.pdf

ad20141012_futyu_cellphone.jpg

●10月18日(土)練馬区にて

チラシはこちらから→ad20141018_nerima_cellphone.pdf

ad20141018_nerima_cellphone.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。