2015年1月アーカイブ

『市民研通信』第28号(2015年1月、通巻174号)を発行しました。
以下のリンク先から全文を読むことができます。

028_icon_blog.jpg


28号表→表示

28号裏→表示

市民研通信 第28号 記事論文より

福島原発事故による放射能からの保養プログラム-2013年度の実施状況-
鈴木一正(神戸大学)

ペレットストーブ屋になりまして。
小林一朗(茨城県つくばみらい市「森と水と太陽のエネルギー舎」代表)

市民科学講座 報告
ケータイ、スマホは子どもに必要か?~依存症と電磁波健康リスクから考える~

ナノリスクに警告集中
翻訳&解題:小林 剛(環境医学情報機構/カリフォルニア大学環境毒性学部元客員教授)

【翻訳】屋外大気汚染と早産・出生時低体重
翻訳:杉野実+上田昌文

連載学問へススメ~技術系営業マンの学位取得奮闘記~
第9回 ~海外学会編(後編その1)~

佐藤 隆(市民研・会員)

知りたい!南インド&シンガポールのカレー文化とスパイス
第2回 南インドのごはん編

林田麻由子(市民研・食の総合科学研究会メンバー)


「Bending Science研究会」より翻訳とエッセイ
第4章shaping science(科学を整形する)結論
翻訳:瀬野豪志)
第6章 attacking science(科学を攻撃する)結論
翻訳:杉野実
Bending science にちなんで エッセイ「経済学における数学の誤用」
杉野実

なお、バックナンバーは以下のとおりです。
第27号(2014年10月)
第26号(2014年8月)
第25号(2014年6月)
第24号(2014年4月)
第23号(2014年2月)
第22号(2014年1月)
第21号(2013年11月)
第20号(2013年9月)
第19号(2013年7月)
第18号(2013年6月)
第17号(2013年4月)
第16号(2013年2月)

2015年2月28日(土)の締め切りで「2014年 私のおすすめ3作品」の原稿を募集します。

2014年に読んだ本(雑誌や漫画も含む)や観た映画やTV番組、聴いたCDや足を運んだ展覧会やライブなどで、多くの人に勧めたい1〜3作品を挙げていただき、それらにごく短い数行のコメント(長くなってもかまいません)をつけたものを、こちらに送っていただき、市民科学研究室ホームページで公開するという、という企画です。

送っていただいた原稿はすべて例外なく、市民科学研究室のホームページで1つのページの中に収める形で掲載させていただきます。必ずしも"科学と社会"に関わる作品でなくてもかまいません。できれば実名での投稿をお願いしたいと思っております。原稿料は出ませんが、ぜひふるって応募していただけますとありがたいです。

ご参考までに、昨年までの「私のおすすめ3作品」の応募原稿を掲載したサイトを紹介しておきます。


<バックナンバー>

・私のおすすめ3作品 2013 → csijnewsletter_024_myfavorite_201404.pdf

・私のおすすめ3作品 2012 →csij-newletter_017_myfavorites.pdf

・私のおすすめ3作品 2011 →csij-newsletter_011_myfavorites.pdf

・私のおすすめ3作品 2010 →csij-newsletter_006_myfavorites.pdf

・私のおすすめ3作品 2009 →csij-newsletter_001_myfavorites.pdf

・私のおすすめ3作品 2008 →csij-journal_022 _myfavorites.pdf

・私のおすすめ3作品 2007 →csij-journal_012 _myfavorites.pdf


<応募要領>
・応募できるのは市民科学研究室の会員の方のみです。
・2014年に読んだり観たりした作品から、3つ以内の作品を選んでください。
・それらの作品の著者名、作品名、出版社名などを記してください。
・それぞれに20字以上のコメントを付してください。長くてもかまいません。
・原稿は電子メールで、ueda.akifumi@shiminkagaku.org あてにお送りください。
・締め切りは2015年2月28(土)です。
・原則として本名を出させていただきますが、匿名にしたい方はその旨お伝えください。
・市民科学研究室のホームページに3月上旬に全文を掲載します。

どうかふるってご応募くださいますよう、お願い申し上げます。

すでに、『市民研通信』第28号(2015年1月)におきまして、実施日を2月15日(日)とお伝えして募集をかけていた「ネゴバト1日体験」ですが、当日の運営スタッフの手配の都合上、3月に延期せざるを得なくなりました。申し訳ございません。

3月15日(日)の同じ場所、同じ時間帯での実施となります。ふるってご応募下さい。

***************************************

3月15日(日)に生活習慣病対策ゲーム「ネゴバト」を実施する機会に、参加して体験していただける方を募集しています。以下のサイトからお申込みください。

チラシはこちらから→negobato_0315_entry.pdf

「ネゴバト」3月15日(日)実施の一日体験の応募はこちらから→ここをクリック


●趣旨

市民研の「科学コミュニケーションツール研究会」が開発した、生活習慣をテーマにした対面型交渉ゲーム「ネゴバト」を実施する機会に、一日体験者として参加してくださる方を募集しています。参加者には、以下で説明しますように、協力謝礼が手渡されます。

このゲームでは、たとえば「隙間時間に歩くのが健康によいらしい」という情報が提示される一方で、「朝はギリギリまで寝ていたい」「運動もいいが休んでリラックスすることも大事」という誘惑が展開されます。「わかってはいるけれど、実行できない」「それができたら苦労はしない」というような生活習慣のジレンマ状況をめぐって、複数のプレイヤー同士で、それぞれの経験や考えに照らして意見を出し合いながらゲームを進めていきます。

これまでに十数回の実施の機会がありましたが、今回は調査研究の一環として、プレイヤーとなる一般の参加者の方々にはモニターとしてご感想やご意見をいただくことが前提になります。

ゲーム自体については詳しくはこちらをご覧ください。
2月末日締め切りです。皆様のご応募をお待ちしております。

●実施日時:2015年3月15日(日)14時~17時(途中休憩あり)

●定員:30名(調査の都合上、応募者のうちからこちらで選定させていただくことになります)

●場所:アカデミー湯島 学習室 (東京都文京区湯島2-28-14)
     丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目徒歩10分 千代田線湯島駅(出口3) 徒歩7分

●協力謝礼:現金5,000円 (交通費は自己負担となります)

●応募条件:下記の条件すべてを満たす方
  ・年齢は20歳以上70歳未満
  ・上記の実施内容で実施することに同意いただけること
  ・ネゴバトの広報などにおいてゲームの感想内容を掲載することに同意いただけること
   (個人情報は掲載いたしません)

●応募方法:上記の実施要領をご確認の上、申し込みサイト(←ここをクリック)よりご応募ください。
応募の締切:2015年2月28日(土)24:00まで
採用の通知:2015年3月2日(月)24:00までにこちらからメールで連絡させていただきます

●問い合わせ先 NPO法人市民科学研究室・事務局
           renraku@shiminkagaku.org    03-5834-8328

●注意事項:応募内容に虚偽のご入力があった場合は、採用を取り消させていただく場合があります。採用/不採用の結果は、2015年3月2日(月)24:00までにNPO法人市民研究室から連絡させていただきます。ご連絡がつかなかった場合は、ほかの方に採用を譲る場合があります。あらかじめご了承ください。

2014年クリスマス会、 大盛況でした

市民科学研究室恒例の年末の企画「クリスマス会」、2014年も盛況のうちに終えることができました。

参加者のうちのお二人、会員の中田哲也様がご自身のブログ「新・伏臥漫録~フード・マイレージ資料室から~」にて、そして今回の料理作りのシェフを務めてくださった方のお一人でやはり会員の岡本正子様もご自身のブログ「ごはんBLOG」にて、このクリスマス会の様子を報告してくださっています。

2015年に向けての活力をいただく、素晴らしい機会となりました。参加してくださいました皆様に感謝いたします。(市民研・代表 上田昌文)

IMG_0266.jpg

IMG_0161.jpg

IMG_0281.jpg

IMG_0263.jpg

IMG_0265.jpg

IMG_0277.jpg

IMG_0264.jpg

IMG_0262.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.35-ja

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。