1月26日(火)に「健康とコミュニケーション」に関する研究会

研究会「健康に向けたコミュニケーション方法を探る」

自分の暮らしと、健康・病気の関係を考えるきっかけとなる場が、いま、街のあちこちに生まれています。
生活と知識を結びつけて考えるきっかけに出会うことで、人々の生活はどのように変わる、あるいは変わることが期待されているのでしょうか。

本研究会では、人々が健康に向けた新しい知識に出会い、これまでの経験を踏まえて考える場を提供する試みとして、対話を通して健康・医療を考えるみんくるカフェ、そしてゲーミフィケーションを通じて1人1人の健康作りの促進を目指す「ネゴバト」を取り上げ、狙いと効果、利用可能性と限界についてお話し頂きます。


1.概要
日時:2016年1月26日 13:00~15:45 (12:50分開場)
場所:京都大学品川オフィス 会議室3
費用:無料
参加資格:関心をお持ちの方ならどなたでもご参加頂けます
お申込み:下記web申込みページより事前にお申し込みください。

こくちーず申込みページ→ http://kokucheese.com/event/index/361693/

2.当日の流れ
13:00  趣旨説明 東島仁(山口大学)
13:03 ゲームを用いたコミュニケーション「ネゴシエート・バトル:生活習慣病ゲーム」
   江間有沙さん(市民科学研究室/東京大学)
13:30  ネゴバト体験!
(休憩)
14:20 カフェ型コミュニケーション「みんくるカフェ」について
      孫大輔さん(みんくるプロデュース代表/東京大学医学部講師)
14:45 みんくるカフェ体験!
15:25 総合討論
     指定質問者 川上雅弘氏(大阪教育大学)
15:45 終了

●ご参考
ネゴバト:http://negobato.hotcom-web.com/wordpress/
みんくるプロデュース:http://www.mincle-produce.net/

●本イベントは、STS Network Japan(http://stsnj.org/)の企画の一環として、科学研究費「ゲノム解析の革新に対応した患者中心主義ELSI の構築」(代表者: 武藤香織)の支援および市民科学研究室の後援を受けて開催します。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.35-ja

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2015年12月18日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『市民研通信』第33号(2015年12月)を発行しました」です。

次のブログ記事は「1月24日(日) まち歩き企画第2弾 ~ぶらり本郷まち歩き~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。