2016年1月アーカイブ

放射能リテラシーワークショプ 最新報告

2013年12月から共同ですすめてきた、NPO法人市民科学研究室とセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(Save the Children Japan)との、福島県での「放射能リテラシーワークショップ」。その最新の報告がアップされましたので、お知らせします。

最新のものは、

【福島:放射能リテラシー(16)】
「放射能も気になるけど、皆と同じ給食がいいという気持ちもわかるなぁ」~食べ物について考えよう:家族の食べ物相談~

【福島:放射能リテラシー(17)】
避難ってどんなこと? 転校、引っ越し、家族、友だち

です。フェイスブックでもお読みいただけます。

2013年、2014年、2015年のページも開いていいただき、【福島:放射能リテラシー(1)】から【福島:放射能リテラシー(15)】もご覧いただけると幸いです。

NPO法人市民科学研究室 & 一般社団法人みんくるプロデュース 共催
第34回みんくるカフェ/市民科学講座Dコース第2回

認知症について語り合おう in 文京
▶認知症にやさしいコミュニティケア◀

チラシはこちら
表→ad20160214_csij_ninchishoucafe_20160214_front.pdf
裏→ad20160214_csij_ninchishoucafe_20160214_back.pdf

2016年2月14日(日)13:00~16:00 (開場12:45 )

■会場:金魚坂(カフェ) 東京都文京区本郷5-3-15 【裏面地図参照】
■対象:文京区にゆかりのある人 15名 
(文京区にお住まいの方、お勤めの方、市民活動に取り組んでいる方、ご家族などが文京区にお住まいの方 など)
■参加費:1000円(ドリンク・軽食含む)
■お申し込み:2月7日までに、以下のいずれかよりお申込みください
①下記お申込サイトより ②03-5834-8328(市民研事務局)

 2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えると言われています。そのような中、認知症の方を地域の人々が皆で支えていくことの重要性が強調されています。
 今回のイベントでは、医療の専門家や地域活動を進めるNPOの方にお話を聞き、その後文京区にゆかりのある皆さんとともに、地域で認知症の方を支えていくことについて対話を通して考えてみたいと思います。
 文京区にゆかりのある方なら、どなたでも参加できますので、気軽にご参加ください!

enter_csij.gif

ad20160214_csij_ninchishoucafe_20160214_front.jpg

ad20160214_csij_ninchishoucafe_20160214_back.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.35-ja

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。