『市民研通信』第35号(2016年5月)を発行しました

『市民研通信』第35号(2015年5月、通巻181号)を発行しました。
以下のリンク先から全文を読むことができます。

035.jpg

表→表示
裏→表示

千葉県鋸南町の「健康まちづくり」事業
~「ポールdeウォーク大学2016 in きょなん」に参加して~

小林友依
(市民研「食の総合科学 研究会」世話人、管理栄養士)

「防災パレット in かつしか」 2015年の実施報告
市民研「市民と防災 研究会」

産院で使用されている沐浴剤について
~新生児の沐浴に関するアンケート調査 2016年4月~

能勢富美子
(きれいな水といのちを守る東日本連絡会代表)

集会「スマートメーターは要らない!」開催
網代太郎
(市民科学研究室会員、電磁波問題市民研究会事務局)

【書評】江原春義 著『 R水素(RENEWABLE HYDROGEN)
~再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち~』

橋本正明
(市民研・会員、自称・市民科学者)

【翻訳】グルテン過敏症―その害と危険
翻訳:杉野実

【翻訳】アジアにおける炎症性腸疾患―環境要因を明らかにする二度目のチャンス

翻訳:五島綾子+五島廉輔+上田昌文

【翻訳】健康な大地、健康な大気:地球の土壌の再炭素化
翻訳:五島綾子+五島廉輔+上田昌文

【翻訳】ヨーロッパで進行中のディーゼル公害の問題 一度のスキャンダルを超えて

翻訳:五島廉輔+五島綾子+上田昌文

【翻訳】災いが帰ってくる:アパラチアの黒色肺
五島綾子+五島廉輔+上田昌文

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.35-ja

このブログ記事について

このページは、上田昌文が2016年5月18日 08:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月29日(水)食べものや農業はこの先 どうなっていくのか」です。

次のブログ記事は「6月18日(土) 公開研究会「熊本・大分の大地震を考える」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。